【比較】濃いめのカルピスをレビュー!カルピスウォーターとの違いは

濃いめのカルピスソフトドリンク

カルピスのペットボトルには『カルピスウォーター』をはじめ、『ゼロカロリーのカルピス』など様々な種類がありますよね。

その中で、濃く贅沢な「カルピス」の味わいが楽しめる乳性飲料、『濃いめのカルピス』を飲んでみました。

今回はカルピスウォーターと比べながら、濃いめのカルピスをレビューします。

アサヒ飲料 濃いめのカルピス

濃いめのカルピス

今回紹介する「濃いめのカルピス」はカルピスに宮古島の雪塩をひとつまみ加えることで、濃く甘ずっぱい味わいに仕上げています。

パッケージを見ると濃厚そうなカルピスの写真がプリントされていて、中央部分に「濃いめの」と大きな文字なのが印象的ですね。

「濃いめのカルピス」は冷凍もできますが、解凍後によく振ってから飲む必要があります。

濃いめのカルピス 製品情報

濃いめのカルピス 製品情報
品名清涼飲料水
原材料名砂糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、砂糖)
脱脂粉乳、乳酸菌飲料、食塩/酸味料
安定剤(大豆多糖類)、香料
内容量490ml
販売者アサヒ飲料株式会社

原材料名を見ると、人工甘味料は使っていないようです。

濃いめのカルピス カロリーなど栄養成分

濃いめのカルピス』と『カルピスウォーター』の栄養成分をそれぞれ比較しました。

栄養成分濃いめのカルピス
100mlあたりの量
カルピスウォーター
100mlあたりの量
エネルギー60kcal45kcal
たんぱく質0.5g0.3g
脂質0g0g
炭水化物15g11g
食塩相当量0.1g0.04g

カロリーは「濃いめのカルピス」の方が高いです。
濃いので当然の結果ですが。

それよりも「濃いめのカルピス」の食塩相当量が「カルピスウォーター」の2.5倍とかなり違います。食塩がカルピスの濃さを引き立てているような気がします。

濃いめのカルピスを飲んでみた(レビュー)

濃いめのカルピスのパッケージは濃厚な感じが伝わります。

実際にコップに入れたら、それほど濃くはありませんでした。

見た目は「カルピスウォーター」とそれほど変わりません

香りは濃いめということもあって、少し強めですが、酸っぱそうな感じはしませんでした。

濃いめのカルピスを飲んでみた感想

「濃いめのカルピス」を一口飲んでみると、塩味が強くてしょっぱい感じがしました。

ただ何口か飲んでみると塩味も気にならなくなり、「カルピス」の原液を濃いめに作ったような感じがしてきました。

「カルピスウォーター」に比べると、塩味がきいていて、濃さはそれほど変わらないような気がします。後味もさっぱりして、濃厚なのに飲みやすかったです。

濃いめのカルピスは冷やした方がいい

「濃いめのカルピス」は冷やしてから飲むことをおすすめします。

常温で飲んでみましたが、ぬるいと塩気がより強く感じて、カルピス本来の味わいが半減してしまいました。氷を入れてもいいかもしれません。

濃いめのカルピスのレビューまとめ

今回は『濃いめのカルピス』をレビューしました。

パッケージには「宮古島の雪塩をひとつまみ加え」と書いてありますが、ひとつまみでも塩味が強く感じました。

カルピスウォーターに塩味がプラスされた感じです。

この塩味があるからこそ、後味がさっぱりしていて飲みやすいような気がします。

濃いめのカルピスまとめ
  • 見た目はカルピスウォーターとそれほど変わらない
  • カロリーはカルピスウォーターよりも高い
  • 塩味がきいていて、濃さがそれほど感じない
  • 後味がさっぱりしていて飲みやすい
  • 冷やしてから飲むのがおすすめ(冷凍もできる)

暑い季節の水分・塩分補給にもおすすめですよ!

カルピスウォーターとゼロカロリーのカルピスなどを比較

カルピスライトブルー

タイトルとURLをコピーしました