生茶 ライフプラス 免疫アシストを飲んでみた

生茶ライフプラス免疫アシストお茶

近年、免疫への関心が高まっていますが、免疫ケアは何をすればいいのかわかりづらいですよね!?

今回は2021年10月12日に発売された手軽に免疫ケアができるプラズマ乳酸菌の入りのキリンビバレッジの『生茶 ライフプラス 免疫アシスト』を飲んでみました。

生茶 ライフプラス 免疫アシスト(キリンビバレッジ)

生茶 ライフプラス 免疫アシスト

生茶 ライフプラス 免疫アシストは、日本初の「プラズマ乳酸菌」の入った緑茶飲料です。

プラズマ乳酸菌は、健康な人の免疫の維持をサポートする乳酸菌です。

世界で初めてpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけることが

論文で報告されています。

※ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMed及び医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)

引用元:キリンビバレッジホームページ

一般的な乳酸菌は異常細胞を殺傷する「NK細胞」など一部細胞のみに活性化しますが、プラズマ乳酸菌は「免疫の司令塔」である「pDC(プラズマサイトイド樹状細胞)」により、免疫細胞全体の活性化します。

画像引用:キリンビバレッジホームページ

ボトルは『生茶』や『生茶ほうじ煎茶』と同様のワインボトルのような形状で、ラベルは黄緑色を基調としています。また、環境に配慮し、再生PET樹脂を100%使用しています。

生茶 ライフプラス 免疫アシスト 製品情報

 生茶 ライフプラス 免疫アシスト 製品情報
品名緑茶(清涼飲料水)
原材料名緑茶(国産)、生茶葉抽出物(生茶葉(国産))/ビタミンC
内容量525ml
販売者キリンビバレッジ株式会社

届出表示【機能性表示食品】

本品にはプラズマ乳酸菌(L.lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDc(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

「生茶 ライフプラス 免疫アシスト」は 機能性表示食品であり、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
また、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

1日当たりの接種目安量

1本(525ml)、1日1回

生茶 ライフプラス 免疫アシストの栄養成分

  生茶 ライフプラス 免疫アシストの栄養成分
栄養成分525mlあたり
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0g
食塩相当量0.16g
機能性関与成分
( プラズマ乳酸菌)
1,000億個

生茶 ライフプラス 免疫アシストを飲んでみた感想・レビュー

生茶 ライフプラス 免疫アシスト

実際に『生茶 ライフプラス 免疫アシスト』を飲んでみました。

生茶 ライフプラス 免疫アシストの見た目・香り

『生茶 ライフプラス 免疫アシスト』 の見た目は普通の『生茶』に比べて若干明るい感じがします。プラズマ乳酸菌が入っているからかもしれません。香りは『生茶』とほぼ同じです。

生茶 ライフプラス 免疫アシストを飲んだ感想

『生茶 ライフプラス 免疫アシスト』を一口飲んでみたところ、「生茶」とそれほど味が変わらない感じがしました。

乳酸菌が入っているので、味が変わるのかなと思っていたので、意外でした。

苦み・渋みは控えめで、まろやかな感じがしました。おいしく免疫ケアができそうです。

生茶 ライフプラス 免疫アシストを飲んでみたまとめ

今回は『生茶 ライフプラス 免疫アシスト』をレビューしました。

飲む前はプラズマ乳酸菌で変な味がするのかなと正直思っていましたが、実際に飲んでみたら普通の『生茶』とそれほど変わらなかったです。『生茶』の代わりとしても飲めて、手軽に免疫ケアができそうな感じがしました。

気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

『生茶 ライフプラス 免疫アシスト』をまとめて購入する場合は、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトがおすすめです。

カフェインレスの「生茶デカフェ」

コレステロール対策の「伊右衛門プラス」

タイトルとURLをコピーしました