サントリーワインカフェ白ワインソーダを飲んでみた

WINE SODA 白ワインソーダ

サントリーから自由に、気軽に、ワインを楽しむための新しい飲み方提案をする新ブランドとして「サントリーワインカフェ」が新登場しました。

ワインといえば個人的なイメージとしてストレートで飲むというイメージが強く、ソーダ割りって、どんな感じなのか、気になります。

今回はワインをソーダで割ったサントリーの『ワインカフェ白ワインソーダ』を飲んでみました。

サントリーワインカフェ白ワインソーダとは

サントリーワインカフェとは「ワインをもっと自由で、開かれたものへ」をコンセプトにつくられたワインのソーダ割りです。

中味についてサントリーのホームページでは次のように紹介されています。

中味は、独自技術によって発酵させたワインをブレンドすることで、フレッシュな香りと果実味あふれる味わいの厚みを実現しました。ソーダの割合にもこだわり、ワインの味わいを感じながら気持ちの良い飲み心地を感じられることを目指しました。

引用:サントリーホームページ

パッケージは黒板をモチーフにして、中央の「WINE SODA」が印象的です。

ワインカフェ白ワインソーダの製品情報

原材料名輸入ワイン、濃縮還元ブドウ果汁(外国産)
濃縮レモン果汁(外国産)/炭酸、酸味料
香料、酸化防止剤(亜硫酸塩)
アルコール分5.5%
内容量350ml
販売者サントリーワインインターナショナル 株式会社

ワインカフェ白ワインソーダのカロリー・糖質など

成分100mlあたり
エネルギー50kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物4.6g
食塩相当量0.02~0.09g
純アルコール量15.4g
(350mlあたり)

サントリーワインカフェ白ワインソーダを飲んでみた

コップにいれたワインカフェ白ワインソーダ

コップに入れてみた感じは、淡い黄色に近い色合いでした。

実際に一口飲んでみた感想は、思ったよりも苦みが少なく、甘味も感じられました。

1缶飲みましたが、アルコール度数も低めということもあってか、気軽にワインの味が楽しめました。

サントリーワインカフェ白ワインソーダを飲んでみたまとめ

今回はサントリーの『白ワインソーダ』を飲んでみました。

ワインをソーダで割るというイメージがなかったので、最初どうかなと思いましたが、実際に飲んでみたら意外と飲みやすかったです。

気になる方は一度飲んでみてはいかがでしょうか。

『白ワインソーダ』はスーパー、コンビニなどで売っていない場合もあるので、Amazonや楽天市場などの大手通販サイトがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました