【居酒屋で超人気】アサヒ樽ハイ倶楽部レモンサワーを飲んでみた

樽ハイ俱楽部 レモンサワーチューハイ

居酒屋のレモンサワーはうまいですが、時節柄なかなか飲みに行けないですよね。

今回紹介するアサヒビールから出ている『樽ハイ倶楽部レモンサワー』は居酒屋の味をそのまま缶に詰めています。

今回は居酒屋や飲食店の味が家でも飲める『樽ハイ倶楽部レモンサワー』をレビューします。

アサヒ 樽ハイ倶楽部レモンサワー

アサヒ 樽ハイ倶楽部レモンサワー

アサヒ樽ハイ倶楽部は1984年誕生した日本初の樽詰めサワーとして誕生しました。

2019年現在、約10万店以上の飲食店で取り扱っています。

2020年3月にこれまで飲食店でしか飲めなかった『樽ハイ倶楽部』が缶で発売され、家などで手軽に飲めるようになりました。

缶の『樽ハイ倶楽部』はレモンサワーの他に、プレーン味の『樽ハイ倶楽部 大人のサワー』、期間限定で『樽ハイ倶楽部梅干しサワー』があります。

アサヒ 樽ハイ倶楽部 レモンサワー 製品情報

原材料名レモン、ウオツカ(国内製造)、酸味料
炭酸、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
アルコール分8%
内容量350ml/500ml
販売者アサヒビール 株式会社

アルコール度数は8%のチューハイは意外と少ないです。人工甘味料は使っていないようです。

アサヒ 樽ハイ倶楽部 レモンサワーの成分

成分100mlあたり
エネルギー60kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物3.4g
糖質3.4g
食物繊維0g
食塩相当量0.08g
プリン体0㎎

カロリーはアルコール度数が9%のサントリー『ストロングゼロ ダブルレモン』よりも高めです。『アサヒ 樽ハイ倶楽部 レモンサワー』は人工甘味料を使っていないからかもしれません。

アサヒ 樽ハイ倶楽部 レモンサワーを飲んでみた

コップにいれたアサヒ 樽ハイ倶楽部 レモンサワー

コップに『樽ハイ倶楽部レモンサワー』をコップに入れました。レモンに濁りはそれほど感じなく、レモンの匂いは特段強くありません。

一口飲んでみると、濃厚なレモンサワーの感じが伝わってきました。氷を入れても薄い感じがしませんでした。

濃厚な感じですがレモンの苦みは控えめです。レモンが足りない方はレモンを追加すのもいいかもしれません。

ウォッカとレモンのバランスはちょうどいい感じがしました。

アサヒ 樽ハイ倶楽部 レモンサワー まとめ

今回はアサヒビールの『樽ハイ倶楽部レモンサワー』を飲んでみました。

濃厚な感じでしたが、レモンの苦みは控えめで飲みやすかったです。

気になる方は一度飲んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました