伊右衛門特茶は飲みやすくて続けられやすいのか⁉

伊右衛門特茶お茶

「体脂肪を減らすのを助ける」というキャッチフレーズで、スーパーやコンビニで売られている「伊右衛門 特茶」。

ダイエット系緑茶飲料の中で一番目にする機会が多いのではないかと思います。

「伊右衛門特茶」は特保(特定保健用食品)なので、ダイエットのイメージが強いですが、今回は飲みやすいかという点を中心にレビューします!

サントリー 特保 伊右衛門特茶の特徴

特茶伊右衛門

「伊右衛門 特茶」は脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体の働きにより、体脂肪を減らすのを助けます
「伊右衛門 特茶」は体の脂肪に働きかける特保(トクホ)ですので、食事の時だけでなく、好きなタイミングで手軽に飲めますよ。

伊右衛門 特茶 製品情報

伊右衛門 特茶製品情報
品名緑茶(清涼飲料水)
原材料名緑茶(国産)/酵素処理イソクエルシトリン
ビタミンC
内容量500ml
販売者サントリー食品インターナショナル 株式会社

伊右衛門特茶 栄養成分

伊右衛門特茶 栄養成分
栄養成分500mlあたりの量
エネルギー0kcal
たんぱく質0g
脂質0ℊ
炭水化物0ℊ
食塩相当量0.05 g
カフェイン90 mg
カテキン230 mg
ケルセチン配糖体
(イソクエルシトリンとして)
110 mg

1日当たりの摂取目安量が1日500mlですので、栄養成分も500mlあたりで表示されているようです。

栄養成分は主に「カフェイン」、「カテキン」、「ケルセチン配糖体」の3つです。

「カフェイン」と「カテキン」の量は伊右衛門に比べて多めです。

「ケルセチン配糖体」は、玉ねぎなどに含まれていて、脂肪分解酵素を活性化させる働きがあるポリフェノールの一種です。

「特茶伊右衛門」のパッケージには載っていませんでしたが、サントリーのホームページにはカリウム、リンの栄養成分の記載がありました。

栄養成分100mlあたりの量
カリウム10 mg
リン10 mg未満

伊右衛門 特茶を飲んでみた(レビュー)

伊右衛門特茶レビュー

実際に「伊右衛門 特茶」を飲んでみました。

伊右衛門 特茶 の見た目・香り

見た目は、濃いめの緑茶ペットボトル飲料と同じような色でした。

香りは濃いめの割にはそれほど強くありませんでした。

伊右衛門 特茶を飲んだ感想

一口飲んでみて、苦味も感じずに飲みやすかったです。

「伊右衛門」ブランドということもあり、伊右衛門らしい苦味、渋味とも控えめで、様々なシーンに合う感じです。

伊右衛門特茶を飲んでみたまとめ

伊右衛門特茶

パッケージには「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」と「伊右衛門 特茶」書いてます。ダイエットは「伊右衛門 特茶」ばかりに頼らず、食生活を改善していくことが大事です。

「伊右衛門 特茶」は苦味も少なく飲みやすいので、ダイエットされている方にも続けられやすそうです。

タイトルとURLをコピーしました