【糖質・プリン体ゼロ】タカラ「焼酎ハイボールレモン」をレビュー

焼酎ハイボールレモンチューハイ

昭和20年代に東京の下町で生まれ、現在でも幅広く親しまれている「焼酎ハイボール」。

タカラの「焼酎ハイボール」シリーズは、チューハイの原点の味を追求しているのが特徴で、現在は12種類のフレーバーをラインナップしています。

今回はオーソドックスな『焼酎ハイボールレモン』をレビューします。

焼酎ハイボールとは

焼酎ハイボールとは焼酎を炭酸水で割った飲み物です。昭和20年代当時、飲みにくかった焼酎にソーダ水など薄めることで多くの方に受け入れられるようになりました。

ハイボールはウイスキーのソーダ割を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、広い意味ではスピッツやリキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料やフレッシュジュースなどアルコールの含まれない飲料で割ったものを指します。

焼酎ハイボールのことをチューハイと呼ばれることが多く、近年ではレモンをはじめ、グループフルーツ、梅干割り、ブドウなど様々な味があります。

タカラ焼酎ハイボールレモン商品情報

アルコール度数7%とそれほどアルコール度数は高くありません。

原材料名焼酎(国内製造)、レモン果汁、糖類
炭酸、酸味料、香料
カラメル色素
アルコール分7%
内容量350ml/500ml
販売者宝酒造 株式会社

タカラ焼酎ハイボールレモンの成分

成分100mlあたり
エネルギー42kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物0g
(糖質0)
食塩相当量0g
プリン体0㎎
レモン果実1.5%含有

カロリーは100mlあたり42kcalとサントリーの『こだわり酒場のレモンサワー』と同じです。

甘味料、糖質、プリン体ともゼロなのも魅力ですよね。

タカラ 焼酎ハイボールレモンを飲んだ感想

コップにいれた焼酎ハイボールレモン

『焼酎ハイボールレモン』をコップに入れました。

見た目はレモン果汁が少し入っているものの、濁りは少なく、薄い黄色の感じです。

レモンの香りはレモン系缶チューハイの中では控えめな感じでした。

一口飲んでみたら、甘味が控えめで、ドライな感じがしました。

焼酎・レモンともクセが少ないので、飲みやすく、食事にも合いそうです。

タカラ 焼酎ハイボールレモンまとめ

焼酎ハイボールレモン下町缶350ml
下町缶レモン350ml

今回は『焼酎ハイボールレモン』を飲んでみました。

甘すぎず、酸っぱすぎず、バランスの取れたレモンチューハイのような気がします。

『焼酎ハイボールレモン』は北海道や東京などで地域限定のデザイン缶もあります。各地にお住まいの方、訪ねた方は探してみるのもよいでしょう。

こだわり酒場のレモンサワー

焼酎ハイボールドライ

タイトルとURLをコピーしました